互換性のない資格
ホーム > > 何ヶ月かに一度は閉店セール!?

何ヶ月かに一度は閉店セール!?

近所に、「あれ?!また閉店セール?」と疑わしく思うお店がありました。そこには「改装」とか「在庫処分」という文字はなく、閉店セールと大きくパネルや看板で表示しています。当初これを信じて買い込むと、セール期間が終了しても、お店は営業しています。不思議に思い、様子をうかがいながら通る日が続きました。そして、数か月後に又閉店セールがあるのです。普通の季節物処分のセールとどう違うのか、とだんだん疑わしくなり購入を控えるようになりました。
景品表示法は、終わらない閉店セールに関しては不当表示になる、と定めています。確かに、ずっと閉店セールのままでは何が特別価格なのか分からなくなりますよね。ちなみに近所のお店はそのような点はクリアしています。一旦閉店をして、何らかの改装をした後に改装オープンとしたチラシ広告を出し、堂々とセールしています。
バーゲンと言うと、購買意欲が増します。さらに閉店がつくと、もっと格安なのではないか、と勘違いしてしまいます。これを狙った商売方法であると思います。消費者も少し賢くなって言葉に惑わされないように気をつけなければいけないと思いました。
バーゲンで使う費用をキャッシングするのもおすすめですね。
詳細は→旦那に内緒でお金を借りる計画※銀行ローンでバレずに借りれる?に詳しく紹介中です。